ぴーぱっぱブログ

日々是好日

1-(5) ~向かうのか、夢のタテモノへ~ ※一部オトナ要素アリ

ついに致してしまった接吻。

久方ぶりでした。この感じ。どきどきしたなー、ちゅー。

ぴーくんもドキドキしてたんやろか。

緊張したんやろうか。

 

と、いうことで、本人にインタビュー🎤

 

🎤:当時の心境をお聞かせ願いますか。

ぴーくん「いやー、正直緊張しすぎてあんまり覚えてないんですよね。」

🎤:……。一旦スタジオにお戻ししまーーす。

 

これちょっと読んでいただいてる方々のお話もお伺いしたいんですが、

女性と男性とじゃキスに対しての気持ちって違うものなんでしょうかね。

ふむふむ、ドキドキするのわかる。

ほうほう、もっと事を進めたくなる。

おーーー、そのあとのことを考えるとさらに緊張する。

ほうほう、キスは遺伝子レベルの相性確認作業だから非常に重要だ、と。

 

なるほど、様々な意見がありますね。

ちなみにこのときオトナ接吻仕掛けたのはぱっぱちゃん。

ずっとしたかったもんねー、うん、仕方ない。

それにしても前記事のぴーくん、顔見るのにちゅーするってなかなかの勇者。

結局ココ暗かったけど大丈夫やったんかな。

 

ぴーくん「(あ。ちゅーするとき目ぇ閉じるやん。ここ暗いやん。)」

 

 

 

作戦、失敗。

 

 

 

さぁ、このあとぴーくん選手、どのような手段にでるのでしょうか。

楽しみですねー。

 

 

🎤:こちら現場です!!ここで、またぴーくん号が動き出しました!

 

 

ぱっぱちゃん「(お?どこへ行くんや?もしかして…。ちゅーもしたけど…)」

 

 

 

どきどき

 

 

わくわく

 

 

 

しばらくドライブすると、ぴーくんが口を開いた。

 

 

ぴーくん「よかったらホテル行かへん?」

 

 

 

優しいかっ!!!

 

 

「よかったら」って……優しいかっ!!!(2回目)

 

ぱっぱちゃん、びっくりして変な声出る。

ぱっぱちゃん「ほへぇっ?!(キターーーーーー!!!お誘い、キターーーーーー(‛∀‛))」

 

 

 

……

 

 

ん?待てよ。

 

 

ホテル…タテモノ…ヒカリ、アル…アカルイ…カオ、ミエル…👽

 

イキタイ…デモ、カオ…ミエル…カクゴ…要ル…👽

 

 

お互い、覚悟が決まった。

 

 

とりあえず向かうは、近くのコンビニ。目的:食料調達。

(ちなみに、会ってからここまで口にしたのは飲みものだけ。2人とも緊張して、お腹が空いていなかったようだ。)

コンビニの裏に建つ、怪しげな建物。検索にかける。

何もヒットしない。今は営業していないのか。

地図アプリでも検索。結果は同じ。

 

 

2人で夢のタテモノを検索し、いくつもある中で敢えて低評価のところを選ぶぴーくん。

 

 

 

好奇心旺盛。

 

 

 

🎤:果たして、そのタテモノの実態はいかに?!乞うご期待です!!!

 

 

次回につづく・・・

 

最後まで読んでくれてありがとうございます!
よかったらぽちっと☆+していってくれるとうれしいです(〃▽〃)ポッ

読者になってくれるともっと喜びます(/・ω・)/

 

byぴーぱっぱ