ぴーぱっぱブログ

日々是好日

2-(9) ~ぱっぱビックリ~

YSLで約4万円の買い物を済ませたぴーくん。カウンターで、メンバー登録を求められます。

 

ぴーくん「これ、書いて。」

 

登録画面とメンバーズカードへの記名を求められるぱっぱちゃん。面倒くさいのかなぁと思いつつ、素直に情報を入力する。入力が完了したころには、支払いも済み、店員さんの手にはきれいな紙袋に入った商品。

(何も買わなかったぱっぱちゃんにもサンプルくれたよ!店員さん優しい!ありがとう!!)

店員さんに見送られ、お店をあとにする。数歩進んだところで、突然、

 

ぴーくん「はい、これ。あげる。」

 

 

 

( ゚Д゚)!?!?!?!?!?

 

何を言っているんだ、この人は。状況把握ができないぱっぱちゃん。

え、いや、だって、これはぴーくん自分で使うから買ったんちゃうの!?ご家族へのプレゼントでしょう!?え!?なに!?どういうこと!???

珍しくぱっぱちゃんの脳内細胞がフル稼働しました。それでも理解が追いつかないぱっぱちゃん。これはもうぴーくん本人に聞くしかありません。

 

ぱっぱちゃん「え、なんで?笑」

ぴーくん「だって俺別にいらんもん。笑」

 

なぜ買ったぁぁぁぁぁぁああ!

 

ぴーくん「要らん?使ってくれたらうれしいねんけど」

ぱっぱちゃん「え、いや、だって、これ、、、ぴーくんが…え?」

ぴーくん「慌てすぎやって笑」

ぱっぱちゃん「いや、ぴーくん使わんなら近しい人にプレゼントとか」

ぴーくん「せんよ。だって家族も使うの決まってるし。あれやん。あれあれ。記念のプレゼント。もともと、コスメ買うって言うてたし。」

ぱっぱちゃん「いや、あれは冗談やん!?」

ぴーくん「あー、おれ、冗談通じへんねん笑 いいからもらって。」

ぱっぱちゃん「あ、、りが、、、とう」

 

素直に受け取ることにしたぱっぱちゃん。今までこんなプレゼントもらったことがなかったぱっぱちゃんは戸惑いを隠せません。”記念の”とか言われるとうれしいぱっぱちゃん。(ぱっぱちゃんチョロすぎる問題。) ありがとう、ぴーくん。

あっという間に時間は過ぎるもので…。今回は節約のために高速バスを予約したぱっぱちゃん。乗り場の確認に向かいます。バスの時間までは残り約3時間…。

コンビニの駐車場でスマホをいじるぴーくん。

「案内を開始します」

ナビのアナウンスが響く…。「またね」のギリギリまで全力で楽しむぴーぱっぱでした。

 

p.s.今回は、車を停める位置がうまくいかず、バイバイのちゅーはお預けでした。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます!
よかったらぽちっと☆+していってくれるとうれしいです(〃▽〃)ポッ

読者になってくれるともっと喜ぶゾ(ノ・ω・)ノ
コメントも気軽にどうぞ!
可能な限り、お返事書かせていただきます☆
どちらから返信がくるかは乞うご期待ということで。笑

 

byぴーぱっぱ